第19回新潟水俣環境賞作文コンクールの作品を募集します!

sakubun19
 

新潟県内の小学校・中学校の児童・生徒の皆さんへ

 
新潟水俣病や新潟県内の自然について思ったこと、身の回まわりの環境について考えたことや体験して感じたことなどを書いてください。皆さんの応募をおまちしています(募集2017年10月15日〜2018年3月末/発表2018年6月)。
 

募集概要

  • 例えば、「新潟水俣病」「住んでいる地域の環境」「新潟の自然(森林・川・湖沼・海と環境問題)」「総合学習等で取り組んでいる環境問題」「水の安全、食の安全」について、体験したことや気づいたこと、考えたことを書いてください。
  • 作文の応募はA4版400字詰め原稿用紙で、小学校1・2年生は600字~800字、小学校3・4年生は800字~1000字、小学校5・6年生は1000字~1200字、中学校1・2・3年生は1200字~1600字です。
  • 優秀賞者には表彰状と図書カード1万円分を贈ります。佳作者には表彰状と図書カード3千円分を贈ります。
  • 応募していただいた方全員に参加賞を贈呈します。
    • お問合せ先:新潟水俣病被害者の会(TEL025-281-2466/FAX025-281-8101)
    • 作文の送付先:〒950-0965新潟市中央区新光町6-2 勤労福祉会館3階 新潟水俣病被害者の会

◆第19回 新潟水俣環境賞作文コンクール作品募集要領(PDF:●●KB)
coming soon!

第18回作文コンクール表彰式の様子

IMG_8910web
(写真提供:新潟水俣病共闘会議)
IMG_8905web
(写真提供:新潟水俣病共闘会議)

【参考】第18回新潟水俣環境賞作文コンクール優秀賞受賞作品の全文はこちら

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

tayori23-blog-300

阿賀野川沿岸の暮らしの変容からたどる光と影 ◆巻頭言:阿賀野川を巡る光と影を多面的に浮かび上がらせるために  FM事業では昨年度まで、阿賀野川上流域の近代産業の変遷を特集していましたが、今年度は一転して、近代から現代へと …

tayori22-blog-300

近代産業の光と影の遺産から何を学べば良いか ◆巻頭言:近代産業の光と影の教訓を流域の未来にも活かしていくために  今年3月に開催したフォーラムでは、これまでのFM事業(※)の中では最も詳しく、「足尾銅山」に関するレポート …

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク