新しい特産品「阿賀町 雪椿うどん」お披露目フェア開催!

9月28日(月)、阿賀町の新しい特産品「阿賀の雪椿うどん」が食べられるイベントが開催されます!
食欲の秋!ぜひお出かけください♪

150928雪椿うどんイベント

阿賀町で発見・命名され、町の花にもなっている「雪椿(ユキツバキ)」。その種から搾られるオイルには、オレイン酸が多く含まれています。
そのオイルと阿賀町産のコシヒカリをブレンドした新しい阿賀町の特産品「阿賀の雪椿うどん」。
町内の3セク施設で提供される「阿賀の雪椿うどん」を使った自慢のメニューを一度に食べるとのできる「お披露目フェア」が9月28日(月)に道の駅「阿賀の里」で開催されます。
食べ放題・温泉入浴券付きで1000円です。(先着 150名様限定)
みなさま、ぜひご来場ください。
阿賀町役場ホームページより引用)

イベント概要

  • 開催日時:平成27年9月28日(月)11時~14時
  • 開催会場:道の駅「阿賀の里」 物産館「夢蔵」2階(住所:阿賀町石間4301
  • 定員:先着150名   料金:お一人1,000円(税込) ※阿賀町6施設の日帰り温泉ペア入浴券付き!
  • 特典の日帰り温泉ペア入浴券ご利用可能施設一覧
    【かのせ温泉】 赤崎荘(電話0254-92-5811)、赤湯(電話0254-92-4186)
    【新三川温泉】 ホテルみかわYOU&湯(電話0254-99-3677)
    【津川温泉】   清川高原保養センター(電話0254-92-5530)
    【御神楽温泉】 あすなろ荘(電話0254-95-2375)、みかぐら荘(電話0254-95-2121)
  • 注意事項
    ※ご予約の受付は行っておりません。
    ※料理のお持ち帰りは出来ません。
    ※入浴券のご利用期間は、H27.10/1~ H27.11/30です。
  • お問合せ先:道の駅「阿賀の里」(電話0254-99-2121)

 

アクセスマップ


 

◆阿賀町役場ホームページ

http://www.town.aga.niigata.jp/kankou/news/details_734.html
○阿賀町 雪椿うどん お披露目フェアのご案内チラシ(PDF:353KB)
http://www.town.aga.niigata.jp/sysimg/topics/734_1.pdf

新しい特産品「阿賀町 雪椿うどん」お披露目フェア開催! 1件のフィードバック

  • 竹内準治様のコメント: 2016年10月20日

    10月13日にクラブツーリズムの「会津若松・磐梯山周遊」の途中、ダム湖の遊覧船乗せて頂き、遊覧船操縦の方から「雪椿うどん』の紹介をして頂いております。

    船を下りて乗船場のお店で買い求め、大阪に帰ってから、今日初めてゆでて頂きました。

    しっかりした腰のうどんで、非常に美味しく頂いております。

    町起こし、新潟大学とのコラボ研究開発、阿賀町名産・・・話題が豊富であります。

    喜多方ラーメンも宜しいですが、この「雪椿うどん」、これはすぐれた名産ではないでしょうか。関西人に非常に好まれそうな麺であります。

    アピール、対外訴求、話題性の提供・・・・・・・いわゆる「マーケテイング手法の駆使」で、広く、多くの方に知って頂き、召し上がって頂いたら如何でしょうか。

    今回は12日~14日の2泊3日の旅行でしたが、その経過は、大阪駅⇄(特急サンダーバード)⇄金沢駅⇄(北陸新幹線)⇄上越妙高駅⇄(長距離観光バス=勁城観光バス=北陸自動車道)⇄柏崎パス⇄新潟パス⇄(常越自動車道)→会津若松・鶴ヶ城観光→星のリゾートホテル宿泊→裏磐梯・五色沼・4キロハイキング→喜多方ラーメンで昼食→大内宿散策→奇岩絶壁鑑賞→磐梯熱海温泉華の湯ホテル宿泊→ダム湖遊覧船にて回遊→柏崎・恋人岬より佐渡島遠望・・・・・・柏崎→上越妙高駅→金沢駅→大阪駅・・・・・・・・・・素晴らしい旅行を楽しませて頂きました。

    今宵、平成28年10月20日の我が家での夕食で「雪椿うどん」を頂きました。感銘しております。

    今回の旅行で、「非常に美味しい雪椿うどん」、「素晴らしい大内宿(妻籠、馬篭以上の風格のある宿場町)」、「星のリゾートホテル及び磐梯熱海温泉華の湯の朝食のバイキングの素晴らしいサービス(スムースな会場雰囲気の醸成)」等々、非常に感銘しております。

    近く、全国向けネット(ブログ)で喧伝させて頂きたいと思っております。

    ブログの開披は、「ヤフー」か「グーグル」で、「大田隼介→老人の想い出→直近のブログ」と検索して頂くと、10月17日のブログで少しだけ、「会津若松・磐梯山めぐり」の印象が出て参ります。

    「雪椿うどん」を、かかる、あらゆる媒体で、全国向けに訴求されたら如何でありましょうか。

    今宵の「寒椿うどん」に関係して、長い意見を書かせて頂いております。

    皆様方のご健闘を祈念いたします。竹内準治でございます。無名の83歳の老爺であります。失礼いたします。平成28年10月20日・午後8時40分打了であります。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

tayori23-blog-300

阿賀野川沿岸の暮らしの変容からたどる光と影 ◆巻頭言:阿賀野川を巡る光と影を多面的に浮かび上がらせるために  FM事業では昨年度まで、阿賀野川上流域の近代産業の変遷を特集していましたが、今年度は一転して、近代から現代へと …

tayori22-blog-300

近代産業の光と影の遺産から何を学べば良いか ◆巻頭言:近代産業の光と影の教訓を流域の未来にも活かしていくために  今年3月に開催したフォーラムでは、これまでのFM事業(※)の中では最も詳しく、「足尾銅山」に関するレポート …

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク