2017.9/17開催・新潟市秋葉区「稲のはさ架け体験&新津鉄道資料館」見学バスツアー参加者募集中!

P1000506
新潟市秋葉区ホームページより引用)

IMG_5880

IMG_5879
(上写真2点、2014年9月25日記事「満願寺稲架木(はさぎ)並木に行ってきた!@新潟市秋葉区(旧新津市)」より)

満願寺稲架木(はさぎ)並木(市指定文化財)

稲架木は、稲架場にたも木やハンノキを植えて、稲の乾燥に利用する新潟県特有のものです。満願寺の稲架木並木は、昭和18(1943)年から20(1945)年にかけて同地区の水田約250ヘクタ-ルを区画整理したときに26軒の関係農家が協力して各地の稲架木をこの農道へ移植したものです。農業の機械化が進み、籾(もみ)の機械乾燥が広く普及して県内各地の稲架場が次々と姿を消していく中で、同地区は種籾採取の指定を受け、良質の種籾を取るために自然乾燥に必要な稲架場として残されました。指定が解除された後も、所有者と農家組合が協力して稲架木の保存に努め、新津の風物詩として今日にいたっています。

新潟市秋葉区ホームページより引用)

新潟市の有形民俗文化財「満願寺はさ木並木」を活用して、手がりで刈り取った稲を、はさ木並木にかける「はさ架け」の体験と、新津鉄道資料館などを巡るバスツアーを開催します。
昼食及び地場産野菜の詰め合わせなど、お得なお土産付きです。後日、はさ架け米1キログラムも贈呈。
新潟市秋葉区ホームページより引用)

2017年9月17日(日)、新潟市秋葉区「稲のはさ架け体験&新津鉄道資料館」見学バスツアーが開催されます。
はがきでの申し込みとなり、2017年8月31日必着です!
「満願寺稲架木(はさぎ)並木」はぜひご覧いただきたいおすすめスポット♪
素敵な秋の風景を体感ください!

開催概要

  • 開催日:2017年9月17日(日) 午前8時30分から午後3時00分
  • 集合場所:新潟駅南口
  • 当日の日程
    • 新潟駅南口受付・出発
    • 秋葉区「満願寺稲架木(はさぎ)並木」(はさ架け体験イベントに参加)
    • 昼食
    • 「新津鉄道資料館」(施設見学)
    • JA農産物直売所「ベジらンドにいつ」(買い物)
    • 新潟駅南口到着・解散
  • 定員:40名(小学生以下は保護者同伴)
  • 参加費:一般:1,000円/小学生:500円(未就学児無料) ※鉄道資料館入館料含む
  • 申込方法:はがきに以下の項目をご記入いただき、郵送して下さい。
    1. 代表者の郵便番号・住所
    2. 電話番号
    3. 参加者全員の氏名・年齢
    4. 「はさ架け参加希望」
  • 申込先:〒950-8535 新潟市中央区万代3丁目1番1号 (株)新潟日報サービスネット旅行センター
  • 申込締切:2017年8月31日(木)必着
  • 注意事項
    1. 応募多数の場合は抽選となります。
    2. 当選の有無、参加の詳細は平成29年9月上旬ころに案内を発送します。
    3. 天候等の事情により、時間等が変更となる場合があります。
  • お問合せ:秋葉区役所 産業振興課(電話0250-25-5689)

集合場所アクセスマップ

◆新潟市秋葉区ホームページ

https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/event/kengaku/sangyo20170816.html

◆新津鉄道資料館ホームページ

http://www.ncnrm.com/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

注目情報

2017/12/25

大迫力!小阿賀野川の鮭ウライ漁を取材しました★

10月始めあたりから11月下旬か12月上旬あたりまで

阿賀野川で毎年、秋から冬にかけてのシーズンに、たくさんの鮭が漁獲されます★ 鮭と言えば、村上・三面川の鮭が有名ですが、遡上する規模で言えば阿賀野川の方が多いんです! サケ・マスの増殖と採捕は表裏一体 ところで、季節になる …

  平成29年度で9回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 阿賀野川の川業(川砂利・漁業・筏流し・船頭)が盛んだったあの頃~川業の隆盛と衰退、新潟水 …

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク