大河・阿賀野川と一体になろう!カヤック体験プログラム powered by 里山げんき倶楽部 featuring 咲花温泉御一行さま

2014.8.30トップ画像3
 
先週末の金曜日は大河・阿賀野川を肌で体感するため、咲花温泉組合ご一行さまと共に阿賀野川流域ツアーに出かけていました!
プライベートツアーの目玉は、大河・阿賀野川を満喫できるカヤック体験!阿賀町の揚川ダム近くにあるカヤック乗り場に出向きます。
 
IMG_2138 IMG_2141
 
阿賀野川のカヤックプログラムを提供されている里山げんき倶楽部さんが、すでに現地でスタンバイしています。階段をのぼると…
 
IMG_2144 IMG_2154
 
居心地の良いテントがしつらえてあり、コーヒーのお出変えがありました!嬉しいですね♪ しばし歓談します。
 
IMG_2161
 
休憩が終わったので、いよいよカヤック体験プログラムの開始です!向こう側にカヤックと、その奥に大河・阿賀野川が見えます。
 
IMG_2170 IMG_2173
 
救命胴衣を身に着け、15分程度の分かりやすくて楽しい事前講習を受けます。講習担当は里山げんき倶楽部の代表・豊島耕さん。
 
IMG_2179
 
さあ、いよいよカヤックに乗り込みましょう!
 
IMG_2182 IMG_2185
 
まずは佐取館の林さんが出航します! 実は前日まで38℃の熱があったため、里山げんき倶楽部のスタッフさんと乗り込みます。
 
IMG_2197 IMG_2201
 
続いて、他の旅館の方々もペアでカヤックに乗り込み、続々と出航していきます!
 
IMG_2239
 
さあ、私たちもカヤックに乗り込み、いざ大河・阿賀野川へ出航しました♪ 興奮する~!!!
 
IMG_2241 IMG_2207
 
カヤックに乗ると、普段は絶対に体感できない、川の中から両岸の風景を眺められます。不思議な光景★ 空には悠々と鳥も飛んでいる…♪
 
IMG_2216
 
ところで、この2人乗りのカヤックはとても乗りやすいです。カヤックと言うとすぐチン(※ひっくり返って沈没)してしまうイメージが強いですが、この2人乗りカヤックは通常のカヤックよりやや平べったく安定性が抜群で、実際に乗られると分かるのですが、ひっくり返る気配が少しもしません♪ 初心者にはとても安心で嬉しいですね。
ツアー案内図-1
 
里山げんき倶楽部さんが提供される本プログラムは、地図上部の「三川B&G海洋センター」さんから出発し、お客様のカヤック操縦の経験と力量を踏まえて、どこまで進むかが決まります。
 
IMG_2252
 
IMG_2253
 
どんどん漕いでいくと、川に突き出た巨木の近くを通り過ぎます。「げんきの樹」と呼ばれているらしいですね。
 
IMG_2272
 
ここらへんの区間の道路は、バイパスが開通して以降、事実上ほとんど使われていません。
 
IMG_2264
 
そのため、ひっそりとした静寂と自然の音が時折聞こえる中、カヤックはゆっくりと進んでいきます。
 
IMG_2289
 
大河が切り開いた雄大な自然の中を、カヤックは悠々と遡上していきます。
 
IMG_2314
 
本尊岩のあたりまできたら、カヤックをターンさせて引き返しましょう。
 
IMG_2322
 
帰りは流れに身をませて川を下るため、往路よりもさらに楽ちん♪
 
IMG_2334
 
あ、あれは何だ!?
 
IMG_2337
 
JR磐越西線を走る列車でした! 今の季節は土日ですと、SLばんえつものがたり号を拝めるプランも用意されているそうです!
 
IMG_2342 IMG_2349
 
途中でみんなで集まって、記念撮影をパシャリ★
 
IMG_2366
 
さあ、スタート地点に戻りましょうか! …でも慌てず急がず…♪
 
IMG_2410
 
やがて、スタート地点のバイパスの橋が見えてきましたよ♪
 
IMG_2438
 
IMG_2442
 
大河の上は気持ちのいい風が吹き抜けていて、夏の日でもさわやかな気分になれました…★
 
IMG_2454
 
まだ、名残惜しいですが…
 
IMG_2460
 
これでカヤック体験は終了です。
 
IMG_2461
 
スタート地点に戻ってきました~!
 
IMG_2470
 
最後に記念撮影!皆さん、ひと運動したさっぱりしたスマイルを浮かべられています!
新潟県内でカヤックで大河を満喫できるサービスはなかなかないため、このカヤック体験プログラムはぜひお勧めです。老若男女、初心者から上級者まで対応できるプログラムとなっていますので、興味のある方は里山げんき倶楽部さんまでお問い合わせください!
 
◆里山げんき倶楽部ホームページ
http://satoyamagenki.net/

◆里山げんき倶楽部facebook
https://www.facebook.com/%E9%87%8C%E5%B1%B1%E3%81%92%E3%82%93%E3%81%8D%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8-513317822121133/

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

tayori23-blog-300

阿賀野川沿岸の暮らしの変容からたどる光と影 ◆巻頭言:阿賀野川を巡る光と影を多面的に浮かび上がらせるために  FM事業では昨年度まで、阿賀野川上流域の近代産業の変遷を特集していましたが、今年度は一転して、近代から現代へと …

tayori22-blog-300

近代産業の光と影の遺産から何を学べば良いか ◆巻頭言:近代産業の光と影の教訓を流域の未来にも活かしていくために  今年3月に開催したフォーラムでは、これまでのFM事業(※)の中では最も詳しく、「足尾銅山」に関するレポート …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク